There is no lyrics here.

君の心に響くかもしれない落書き

【日記】一つの答え

金土日は炭水化物を抜くことが多い。
金土に限って言えば炭水化物を取ることの方が少ない。
日曜日もなかなかの確率で炭水化物を取らない。

故に、月曜日の疲れが凄まじいのではないのかという答えにたどり着いた。
この答えが正解なのかはよくわからない。
仮説を検証していこう。

今日、後輩が上司に怒られてバカみたいにはぶてていた。
仕事はできるできないではなく、やるかやらないかだけなのに。
なぜやらないのだろう。
やらなければ怒られるのになぜやろうとしないんだろう。
理解が全くできなかった。


午前中同い年の技術者と客先に行った。
彼と話してると常々感覚が一緒やなと思う。
今日もまた一緒やなと思ったのは経験を積んだせいで仕事で痺れることなくなったよねってことだった。

大きな案件を取ってもそれは何かの複写みたいなものであり、
新しいことだとしてもそれは何かの模写みたいなものであり
大きな困難や感動に直面する機会が大幅に減ってしまったのだ。

基本的にいつ辞めても大丈夫ってスタンスでお互い働いているが
続ける限り彼は出世し僕も出世してくだろう。
お互いがどこで躓くのか少し楽しみだ。

【日記】オナ禁1ヶ月

これまでの最長はたぶん3週間とかそのへんだったと記憶していて、
この度1ヶ月を経過しました。
気づいたら、経過していたそんな感覚。

備忘録的にどんなメリット、デメリットがあるか記述する

メリット
・朝の目覚めが良い
・朝早く目覚める
・睡眠時間が短い
・肌質が良い
・行動力、集中力が高い

平日は通常7時に目覚ましで起きるんだけれども
3週間ぐらい経過してからは6:45に毎日目が覚めるようになった。
毎朝目覚めのときに感じていた憂鬱さも少ない。

また仕事はハードモードになってきたけれど、
行動力と集中力が高いおかげで頑張れる。
反面、自分基準で頑張ってないやつを見るとまあまあ苛つく。

肌質はガサつくことなく調子いい、肌荒れは部分的にはあるものの。

デメリット
・暇を感じやすくなる
・射精するのが億劫になる
・ちんこ小さくなったカモ

行動力が高いせいで、暇を感じやすくなる。
とはいえ誰かを誘うのもめんどくさいので暇と葛藤しなければならない。

デメリットよりメリットの恩恵を強く感じているので、射精はしたくない。
射精に対してある種恐怖感みたいなものすら感じる。
射精することで翌日以降不調をきたすことがわかっているからだ。

生殖機能を働かせてないので、小さくなった気がする。
元々平均やや小さめを自称している息子がこれ以上小さくなるのは困るもんだ。

今日が実際何日してないのかとカウントしたら、
厳密に言うと29日目であった。
まだ1ヶ月たっていないではないか。

ま、数日たったところで大した変化はないだろうから
1ヶ月ということでの備忘録。

【日記】変なオーラ出てるのだろうか

自分自身を接しやすいタイプだとは思ってない。

むしろ絡みづらい人間だと感じているが、4営業日連続知らない人に絡まれたお話。

 

7/9(金) 仕事中

 社用車で廿日市のとある場所で信号待ちしてるとおばあさんが助手席をノックしてきた。

 窓を下げると、広島からわざわざご苦労様ですと会釈。

 どういうこと?

 

7/12(月) 朝の通勤中

 通勤路にある私立中学校には警備員がいる。

 警備員というが、シルバー人材の人が車を止めたり、通行人を通したりする感じだ。

 じじいが車を先に通すために手で俺に止まれと合図をしてきた。

 その時はバスに乗り遅れそうだったため、無視して前進すると

 30cmの距離まで顔を近づけて「あ”り”がと”う”ございます!!」と絶叫された。

 確かに静止を振り切ったのは悪いが、ここは公道だろう。

 てめえの言うことに市民全員が従うと思うな。

 この世には従う者と従わない者の2種類いるのだ。

 などと感じたが、無視して歩みを止めなかった話。

 

 朝から非常に不快な気分になったし、それまで1人のじじいが役割を担ってたのが

 翌日以降じじいが2人に増えて支出元の私立中学校の金銭負担が増えたであろうことともまた不快。

 

7/13(火) 朝の通勤中

 信号待ちをしていると、2人のおばちゃんが笑いながら「すいません」と声をかけてきた。

 はい?と答えると、「クリーニングのタグついてますよ、あはははははははは」と。

 ありがたいけど、そんな嘲笑しながら声かけしなくてもいいじゃないの。

 でもありがとう。

 

7/14(水) 朝の通勤中

 いつものように信号待ちをしてると、「お兄さん!」とおっさんが声をかけてきた。

 はい?と答えると、「今何時?」と。

 8時ですと答えると、「ありがとうな!」と。

 厳密に言うと7時55分だったし、おっさんは俺の腕時計見てたから8時ではないことに気づいてたけど気にしてはなさそうだった。

 

 今の世の中、時間を確認できないことがあるのだろうか。

 あのおっさんはまともなのか、病気を抱えているのかは謎のままだ。

 

 おっしまい!

【日記】継続していることによる弊害

ここ3週間だか1ヶ月だか週1回の運動会を継続している。

たかだか週1回が続いてるだけやんとお思いだろう。
僕の中では定期的に訪れるハイペースな状態なのだ。

昔から禁欲信者である僕の感覚的弊害はこんな感じ。
・目覚めが悪い
・気力がわかない
・目が重い
・基本眠い
・髪がよりパサつく
・肌荒れる

特に深刻なのが2番めの気力がわかないこと。
日常生活において気力出すとこは仕事と筋トレぐらいしかないわけだけど、
ほんまにめんどくさくなる。

運動会してから3,4日ぐらいはダウンタイムなわけで今日が3日目。
今の思いとしては2週間ぐらいは運動会を行わないようにしたい。

先週チャイナマッサージで延長した意志の弱い僕は18日後この記事を覚えてるだろうか。

そして話は変わって1000円を超えるトマトジュースをデパートで買ってみました。
トマトでした。

【日記】5/26決意

言わずとしれたサプリメント信者である僕は今これらを毎夜摂取している。
亜鉛
・ビタミンc
ビタミンd
マルチビタミン
エビオス錠

亜鉛マルチビタミンは23歳ぐらいからほぼ欠かさず摂取している。
ふと、大量のサプリが身体に副作用をもたらしてるのではないかと思った。
サプリを取っているから元気と思っているのはただの気のせいかもしれない。

ということで明日からやめてみよう。
まだ大量に残っているのが気にはなるのだけれども。

【読書】コミュニケーションのための催眠誘導

バイブルの一冊

 

なんだかんだ順調に遊べてた時はこの本の内容を覚えてたけど

忘れ去りつつあるため復習のために読んでみた。

 

ラポール(信頼関係)を形成、つまり相手の心を意図的にオープンにするための手法やテクニックが書かれている。

 

ラポールへの第一歩>

 相手に関心を持つこと、観察すること

<観察ポイント>

 1視線

  人は無意識のうちに様々なイメージを空間的に配置している

  例えば心地よいことを話す時は右に視線を向けるなど

 2呼吸

  呼吸のタイミング、深さ、特徴

  感情は呼吸に表れる

 3相手のタイプ

 (性格)

  Pタイプ:肉体的・素直で単純・言葉をそのまま受け入れるが伝える時は遠回し

  Eタイプ:感情的・捻くれ者だが気が利く・言葉を素直に受け止めないが伝える時は直接的

 (外見)

  Pタイプ:体や感情を前面に出す・髪型や化粧に凝り、目立つことを好む

  Eタイプ:論理や世間体を重視・地味で目立たないことを好む

 (説明方法)

  Pタイプ:相手は言葉をそのまま受け入れると考えているため、詳細的

  Eタイプ:相手は言葉をそのまま受け入れないと考えているため、簡略的

 (視線)

  Pタイプ:眼球が右を向く傾向(並んで座る場合は右隣が有効)

  Eタイプ:眼球が左を向く傾向(並んで座る場合は左隣が有効)

 (内面)

  Pタイプ:精神的に傷つきやすい(心はつながらなくてもセックス可)

  Eタイプ:肉体的に傷つきやすい(心がつながらないとセックス不可)

<テクニック>

 ダブルバインド、多重バインド、分離法、あいまいな表現、カギカッコ法、メタファー、

 

ダブルバインドは僕がよく使ってたテクニックで、下の記事にも書いてますね。

nolyrics.hatenablog.com

 

一つ一つ学び直すのは骨の折れる作業ですわ、、、

【読書】ゼロ秒思考

この本はアウトプットするための本である。

 

我々の大半は深く物事を考える方法を知らない。

その解決策とは、頭に浮かぶことをメモすることだ。

メモするだけ?と当然思うだろうが、メモの取り方をこの本は教えてくれる。

ゆっくりとではなく、1タイトルに関して1分以内に。

そうすることで考える力が鍛えられる。

 

何か考え事をする際思考だけを巡らせてもなかなか整理できないものだ。

誰もが仕事中に整理するために紙に書き出すのではないだろうか。

そして現状整理が分析、課題解決に繋がっていく。

 

我々は常日頃からゼロ秒思考で生きている。

思考力が上がることで思考の質とスピードが向上し、

思考するための情報がなければ最低限の調査と情報収集をするわけで、

その2点の勘が研ぎ澄まされていく。

 

たかがメモ、されどメモ。

実際にこの本を参考にしたアウトプットを繰り返すことでこの本の価値が生まれるんだろうなあ。

 

どんな本でもアウトプットしなきゃ意味ないけど、この本はインプットなしのアウトプットに特化した本でした。